組合の取り組み
組合の取り組み

平成25年京都市伝統産業技術者研修

8月6日(火曜日)西陣織会館7階第一談話室において平成25年度の京都市伝統産業技術者研修(西陣織コース)が行われました。


今年度の受講者は8名(男性2名/女性6名)でした。例年通り専門分野3名による研修になります。

組合全般・歴史および発展・丸撚り・両面平箔については中井俊治が、本金箔全般については鳥原善博が、引箔・模様箔については吹上重雄が担当しました。

5時45分から3時間の研修です。

 806 008 806 010 806 045

 806 029 806 040

吹上氏からのメッセージ:
何にでも興味を持ち、工夫を凝らしてプレゼンテーションしていけば必ず道は開けていく!
若い人たちに熱くまた力強く話していました。


| トップページ | 組合について | 金銀糸とは・・・ | 製造について | 交通/アクセス | 組合員紹介 | リンク集 |