組合の取り組み
組合の取り組み

令和元年度 京都市産業技術研究所伝統産業技術後継者育成研修

 地方独立行政法人京都市産業技術研究所が毎年実施している研修で、
「西陣織コース」として西陣織業界の将来を担う技術者を養成するために
 織物に関する幅広い知識や技術を習得することを目的としています。

 業界の実情にあったカリキュラムが編成されていて、8月から半年間週2回 
 充実した内容が組まれています。

 当組合では、繊維素材の金銀糸・箔を担当しています。
 8月27日(火)に講義 30日(金)に実習を行いました。
 実習としては体験工房で、団扇を制作しました。

002003004

 

 

 

 
001016017


| トップページ | 組合について | 金銀糸とは・・・ | 製造について | 交通/アクセス | 組合員紹介 | リンク集 |