金銀糸とは・・・
金銀糸の歴史・その他

無芯巻きについて

金銀糸の種類に両面平箔というものがあります。両面箔は通常1000m~2000mのプラスチックボビンに巻かれています。
270314 004

 

 

 

 

 
これを杼に装着する木管に巻き替えて織り上げるのですが、そのまま使用すると製織時に箔がひっくり返り織物の表面がきれいになりません。 

横に巻いた箔を上から引っ張り出すと、かなりの撚れが発生します。そこで木管に装着する前に無芯巻き加工をします。

円柱状中央のふくらみの部分の内側から箔を引っ張り出して織っていきます。  

そうすると回転しながら横に引っ張り出されるので箔が撚れにくいのです。
270314 010

 

 

 

 

 

材質により変わりますが、1000mの箔から20個から50個ぐらいできます。小さな菓子箱等に詰めて準備します。
270314 006

 

 

 

 

 

 
無芯巻きの巻いているところです。1000mを巻き替えるのにおおよそ45分ほどかかります。通常は機械を10台前後設置して作業をします。270316 002270316 008


| トップページ | 組合について | 金銀糸とは・・・ | 製造について | 交通/アクセス | 組合員紹介 | リンク集 |