組合の取り組み
組合の取り組み

「京の名工」に選出される

京都府は熟練した手仕事の伝統技術を持つ2011年度の「京の名工」(府伝統産業優秀技術者)の20人を決め、29日に上京区の府公舎で表彰しました。

当組合から「箔押し」の部門で株式会社鳥原商店の鳥原雄治(61)さんが選ばれました。
平成10年の山下幸造氏以来13年ぶりの受賞となります。

以下京都新聞の紹介文です。
 平箔製造に卓越した技術をもつ。下地漆の塗りの厚さや回数を変えて自由自在に金の艶を出し、均一にしあげる。漆の乾燥状態を判断し、最適なタイミングで箔押しができる。」

作業風景の一部を紹介します。

 コマ箔本金錆用          押し漆を引いた後                コマ箔本金光用
   押し漆をヘラで引く       本金箔を押すところ        本金箔を押すところ

1 コマ箔用本金サビ 押し漆をヘラで引く 2 コマ箔用本金サビ 本金箔を押すところ 3 コマ箔用本金光 箔を押すところ 


(下地の漆の引き方で本金箔の光沢の差を作ります。)

 色漆(朱色)を練って     朱漆と押し漆を混ぜて    色漆を引いたところへ
   いるところ            いるところ            金砂子を振る(蒔く)
4 色漆(朱色)を練る 5 朱漆と押漆を混ぜたものを引く 6 色漆を引いたところへ本金砂子を振る

本銀箔を押しているところ
  (紛い箔)
7 帯用銀箔を押す(紛箔)  
(銀箔のまま製品に仕上げる場合と、表面に色を施して金箔に仕上げる場合がある。)


| トップページ | 組合について | 金銀糸とは・・・ | 製造について | 交通/アクセス | 組合員紹介 | リンク集 |