金銀糸とは・・・
金銀糸の歴史・その他

本金箔について

 金に銀を混ぜることは早くから行われていました。現在のように箔打ち技術が高度に発達し、一万分の一ミリにまで打ち延ばせるようになると、箔の間にはさむ打ち紙に金箔が付着してしまうために、銀や銅を混ぜて強度をもたせなければなりません。
 そうした機能上の問題は別としても、金はいつの時代においてもつねに高価であり、用途に応じることはもちろん、様々なデザインを追及することも含め、銀との合金が用いられてきました。
 銀の混入度が高くなるほど金色は青味をおびてきます。純金を”赤金”と呼ぶのに対して”青金”と呼ばれます。

 以下は石川県箔商工業協同組合の製造規格です。

            白金(Pt)     金(Au)     銀(Ag)     銅(Cu)
  白金箔     99,7%以上     ~~       ~~       ~~
  五毛色       ~~       98,912%     0,495%       0,593%
  一号色       ~~       97,66%      1,35%        0,97%
  二号色       ~~       96,72%      2,60%        0,67%
  三号色       ~~       95,79%      3,53%       0,67%
  四号色       ~~       94,43%      4,90%       0,66%
  三歩色       ~~       75,53%      24,46%       ~~

DSCF0023DSCF0027

 


| トップページ | 組合について | 金銀糸とは・・・ | 製造について | 交通/アクセス | 組合員紹介 | リンク集 |