組合の取り組み
組合の取り組み

西陣織 認定伝統工芸士

伝統工芸士とは・・・

 伝統的工芸品は、主要行程が手作りであり、高度の伝統的技術によるものであるため、その習得には長い年月が必要となります。又 生活様式の変化に伴い、伝統的工芸品の需要が低迷していることなどにより後継者の確保育成が難しく、業界全体の大きな課題となっています。
 この課題に対処するため、伝統産業協会で「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」第24条第8号の規定により試験を実施し、合格した方に「伝統工芸士」の称号を贈り、その社会的地位を高めることにより、伝統的工芸品産業の振興を図っています。
 伝統工芸士は、その称号を個人の生産活動に活用して、自負と責任を持ち 伝統工芸士相互の交流や活動を通じて産地の振興に努めています。
当組合員の中の伝統工芸士は下記の方々です。(敬称略/五十音順)

井上 久一 ( 株式会社 白井柄箔匠 )
奥田 耕一 ( 株式会社 柄絵箔おくだ )
中井 茂   ( 株式会社 なかいきんし )
中山 清一 ( 株式会社 井上 )
西村 修一 ( 有限会社 西村商店 )
西山 裕人 ( 裕人 礫翔 )
二瓶 英男 ( 株式会社 二瓶帯箔店 )
吹上 重雄 ( 箔の ふきあげ )
松井 勝   ( 株式会社 武田金糸 )
村岸 良一 (株式会社 ジュコー )
村田 紘平 ( 有限会社 楽芸工房 )
山岸 茂美 ( やまぎし商店 )
山下 幸造 ( 三親 有限会社 )
山崎 孝博 ( 有限会社 箔の山崎 )
山野 忠雄 ( 有限会社 ヤマノ金糸 )


| トップページ | 組合について | 金銀糸とは・・・ | 製造について | 交通/アクセス | 組合員紹介 | リンク集 |